The Ocean Ox

気長にいこう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合コンがで人脈が広がっていく

2017年5月某日

後輩の友人の同僚が主催する合コンに呼ばれる
後輩自体も今回の主催者とは1度しか面識がないらしい

主催をAさんとする
男性参加者はAさん、Aさんの同僚2人、私の後輩、私の合計5人

Aさんは行動力があり自信を裏打ちする知識と経験があるような雰囲気の意識高いリア充といった印象
今回の合コンも高校時代の同級生(今回の女性幹事)に別件でたまたま久しぶりに連絡を取ったことが切っ掛けで圧倒的コミュ力と行動力で合コンセッティングをやってのけた
合コン前に男性陣だけで集まって合コンの流れなどを事前打ち合わせをしたけどAさんの言葉のチョイスがいちいち意識高い人のそれでビビった

合コンは男性陣女性陣ともに話しやすい人が多くそれなりの盛り上がりをみせて終了した

--------------------

さて、Aさんは一度でも飲み会や合コンで同席した人は次もまた呼べる人脈と考えるタイプのようで、それ以降頻繁に声がかかるようになった。合コン以外にも飲み会や遊びにスポーツなど、もうマジもんの行動派リア充すぎてとてもじゃないけど全ての誘いに応じることは出来ないレベル
ほんとに偶然なんだけど誘いが多い時期に私は内臓を痛めてしまい、6月末までお酒飲めないということにして誘いを丸ごと回避することにした

--------------------

そんなある日、またもAさんから誘いがかかる
土曜日の夜に男女でわいわいボードゲームやりますよー(顔文字)一緒にやりましょー!!

私はゲームの類は嫌いではない
そして比較的負けず嫌いで、割と本気で勝ちに行く性分
戦略的にもゲームの種類を聞いてみた
回答は「人生ゲームみたいなものですよー」
おいおいマジかよゲームって人生ゲームレベルかよちょっと前に流行った活動内容が不明な部活系アニメの部室のような意識低い空間でジュース飲みながらポテチつまみつつやるアレかよ。と思ってしまった

--------------------

2017年6月某日 ゲーム会当日

会場の最寄り駅でAさんと落合い他数名とも合流して会場へ向かう
この場にいたメンバーは私とAさんを含めて5人
比較的年齢が近く全員が30歳前後だった
この時知ったのだが今回の主催はAさんではなく別に企画した人がいるとのこと
月一くらいの頻度で開催されておりかれこれ数年続いているイベントで、参加者の友人も誘ったりで徐々に人数が増えていき今では毎回30~50人くらいが参加するイベントになったとか

ちなみにAさんも1年ほど前に同僚に誘われて参加し始めたらしい
その同僚はもう会には参加しなくなったけど、Aさんはその環境が気に入って毎回参加してるとのことだ

--------------------

そんな会話をしているうちに会場に到着
都内のある区民会館のそれなりに広い座敷の1室
このとき既に10名以上が会場内にいた

Aさんに連れられ色んな人たちに挨拶をしていく
毎回毎回「彼は台湾で5年も仕事をしてて、つい最近日本に戻ってきたんですよ」とAさんに紹介される
台湾帰りのインパクトは絶大で食いつきがよかった

--------------------

テーブルや座布団を並べているうちにメンバーも徐々に増えてきて30人を超えるくらいになった
主催の女性がきたところでAさんに連れられて挨拶にしにいく
「わたし、色々と考えを巡らせて将来を見据えて行動してますから」みたいな自信にあふれた表情の女性だった
やっぱこのくらいの規模のイベントをコンスタントに開催するからにはそれなりの行動力が必要なのだろう

相変わらず「彼は台湾で5年も仕事をしてて、つい最近日本に戻ってきたんですよ」みたいな紹介のされ方をした

--------------------

てきとうにメンバー分け
1グループあたり7~8人で合計5卓あったから総勢40人弱か

そしてゲームの説明が始まる
金持ちとか貧乏とかをテーマにした有名な本で紹介されてるゲームで、意識高い主催者さんが気になって色々調べてメンバーを集めてやりはじめたゲームらしい
何度遊んでも毎回新しい発見があるし人によってプレイスタイルに違いが出るから色々な人と遊ぶのが楽しいゲームとのこと

1プレイ1時間半くらい
事前準備なんかも含めると2時間くらい

--------------------

簡単にゲームの内容を説明
キャッシュフローゲーム

職業のカードを引く
貯金と収入と支出が書いてある
資産運用して不労所得を増やし、不労所得が支出を上回ったら勝ち抜け

ゲームの流れ
順番にサイコロを振って駒を進める
・給料のマス
 給料がもらえる。止まらなくてもOK、通過すればお金もらえる
・株やマンションを買えるマス
 カードを引いてそこに書かれた物件を買える。買わなくてもいい
・支払いのマス。桃鉄でいう赤マスみたいなもの
 専用のカードを引いてそこに書かれている金額を支払う
その他いくつかあったけど割愛

マンションとかを購入すると月々の利益がある
この利益は給料に加算されるので、購入すればするほどゲームが有利に進められるようになる
そして給料を除いた利益を増やすことを目標にゲームを進めていく

ただし、マンションの価格は非常に高価
職業によるけど収入は初期状態で1,000ドルくらい
対してマンションの購入価格(頭金)は30,000ドルとかだから序盤はまず買えない
借金して購入することもできるけど利子の支払いと利益のバランスに気を付けないと破産する
というわけでマンション購入や借金返済のタイミングの見極めが重要になるっぽい

勝抜け後は別の目標を達成するゲームがあるみたいだけどよく分からん

--------------------

俺のついたテーブルには自分を含め7人のメンバー
Aさんがゲームマスターのポジションでプレイヤーが6人
Aさんの意識高さも大概だと思ってたけどこの場にはAさんに負けず劣らず意識高そうなメンバーがちらほら

なんかの自己啓発セミナーっぽく各自自己紹介
ネットでバカにされてるような意識高い系じゃなくてガチで意識高い人ってのは相手に合わせて話をするってのが上手いねやっぱ
きちんと話をしつつも場を和ませるための冗談をほどよくはさんでくるし、内容も聞きやすく不快じゃない

--------------------

さてゲーム開始

先ほどのゲーム内容の説明でなんとなく分かると思うけど
初心者が運のみで勝つのは無理なんじゃないのかって難易度
同じテーブルだと俺以外みんな経験者ってなんだよこれ

ルールはとりあえず把握したけど何にどう投資すればいいのかわからない
投資した結果どの数値が何に影響するのかわからない
そもそも投資に必要な金額が所持金の2倍以上でこのままのペースだと給料のマスを10回以上通過しないと投資を始められない

で、途中で気が付いた
イベントカードを引くマスがあって
『マンションを持っていれば売れる。1件○○○○ドル』
というようなカードが出てくる
この売値は基本的に購入価格を大幅に上回っている
しかも誰が引いたカードでも全プレイヤーに適用される
借金してでもマンション買って早期売り抜けに期待するのが序盤から中盤の戦略っぽい
株も大量に買って大量に売ればいいのか

他のプレイヤーが利益を出してるのを見て気が付くこのゲームの攻略法
もう手遅れって感じがするけどとりあえず色々手を出してみる

当然所持金が足りないから借金して購入だ
頭金3万ドルのマンション
所持金1万5千ドルしかないから残り1万5千ドル借金

そうするとマンション収入1000ドル
借金の利子返済(借りた金額の10%)で1500ドル
差し引きマイナス500ドルだから、これまで1000ドルだった給料が500ドルになった!

さらにこのあと借金を増やす事故があり給料のマスなのに逆に金を支払う事態に発展
終盤でマンションが売れてなんとかプラスに転じたけど手元に何も残ってなくてスタート時より総資産少なくなってるってとこでゲーム終了の時間に

--------------------

順位は同じ卓のプレイヤー6人中5位
てか同じ卓で6人中4人が勝ち抜けしてるし
さらにそのうち2人が勝ち抜け後の追加ゲームで目標達成してる

そして卓の中で今回の感想を順番に発言していく
マジ意識高いなこのイベント

最初は何をやっていいのか分からず給料もらってカード引いてを繰り返すだけだった
途中でマンション買って儲けてる人がいることに気が付いたから同じようにマンション買ってみた
でも借金多すぎて首まわらなくなって破産直前まで行ってしまった
なんとかマンション売って復帰は出来たけど多くの課題が残る結果になったと思う
また次があるのなら自分に運用できる資産の限度をしっかり見極めたい

って感じの発言をしたと思う
そんな俺の発言に対して

初参加なのに周りをよく観察してどうすれば勝てるのか気付いて行動してくれたのがうれしい
初めてプレイする人の多くはもっと少額でリスクの少ない投資が出てくるのを待つことが多くて、結果として時間ばかり消費してしまい動き始めた頃にはもう手遅れというパターンがほとんど
次はもっと早い段階で数字を見極めて動けるようになれば、さらにいい結果につながると思う

みたいなコメントを返されたよまったく意識高いぜ

で、その後は各卓の結果をテーブルマスターが全体へ発表
卓によってはメンバー全員が勝ち抜けしてるとこがあったすげぇ

--------------------

その後はボードゲームの片づけして
お菓子とジュースでしばらくフリータイム

やたらと仕事の内容とか住んでる場所を聞いてくる人が数人いた
そして自分はどこに住んでてどんな感じの仕事してるとか率先して言ってくる人もいた
これが人脈を広げるってやつか

こんな感じの仕事~って伝えたら
あ、それだと○○さんと近い業界なのかな!?
とか言い出してその○○さんとやらを呼んできたりする
人脈まじパネェ

そうこうしているうちに終わりの時間
テーブルとかかたしてから退室
最後Aさんに連れられて今回の主催者さんに挨拶に伺う
色んな人が順番に挨拶してたんだけど教祖か何かかこの人

みんなでぞろぞろ駅へ移動して解散

--------------------

思ったことまとめ

全体で40人くらいいた中で前に出て発言していた人は主催者含めて3人
意識高い系じゃなくてマジもんの意識高い行動派のようで、雰囲気が何となくライブなんとか元社長や秒で億稼ぐナントカ翼ってひとに似てた

その次くらいに「コイツ、出来る」って思わせる雰囲気の意識高い人が5人くらい
各テーブルでゲームマスターを任されたりするようで、言ってしまえば幹部候補みたいな存在
Aさんもこのポジション

あとノリのいい有象無象が20人くらい
根っからのリア充というよりリア充のフリをしている何かって感じの
幹部候補以上の連中が居なくなったら間違いなくこいつら散り散りになる

そして5~10人くらいが決して社交的とは言えないような人たち
ゲームの進行に問題ない範囲で受け答えができる。質問にはきちんと答える。人を不快にさせないレベルのコミュ力は持ち合わせている

歓談のときたまたま俺の近くに幹部候補、有象無象、社交的じゃない人がいて、俺含め4人で話していたんだけど、途中から明らかに社交的じゃない人は居ないものとして扱われていたよね
しかも意図的に悪意を持って無視しているんじゃなくて、純粋に興味が無くてそうなってしまっているような雰囲気だった

それと俺の勘違いかもしれないけど主催者を頂点とした派閥争いっぽい空気を感じた
Aさんの紹介で初参加ってこともあり何かと俺のこと気にかけてくれたAさんだけど
俺を引き込むことで団体内でのカーストが上がるのか?ってくらい積極的に絡んでくる

体格が良くて初対面の人相手でもある程度ノリが良く会話できる
さらに5年半台湾で仕事をしてきた経験があり都内あるメーカー系の企業に勤めている
自分で言うのもなんだけど設定だけ読むとなんかそれなりに有能そうな雰囲気あるよね
Aさんがやたらと台湾で5年半を強調してたのってやっぱ自分の派閥に有能な新人が入るんですよ。って周りにアピールすることが目的だったのだろうか

--------------------

ゲームについて

主催者さんは金持ちとか貧乏とかをテーマにした有名な本で紹介されてるゲームと言っていた通り、ネット上でもその本の情報なんかが出てくる
そういえば主催者さんの話し方が自己啓発セミナーとか宗教とかマルチっぽい雰囲気だなって思ったんだけど、ネット上でもこの本はマルチの勧誘によく使われるって書いてあった
次の集まりにも参加したら「ゲームと同じように現実世界でも先を見据えた投資が重要」みたいな話が始まって何か買うように勧められちゃうのかな?
主催者さんと会話してる時ぽろっと「最近買ったばかりのベンツをぶつけてしまって今修理中」とか言ってたしさりげなくお金持ってるんですアピール始まってるなこれ

それはそうとゲームの評価は面白くないこともないって感じ
誰かを蹴落とすとか相手に勝つとかじゃなくて自分の目標を達成するのが目的で数字が多く考えなくちゃいけない項目が沢山ある
細かなルールや数字の意味、目標の達成方法などきちんと理解していないときちんと遊ぶのがまず無理で、都度誰かに聞こうにも時間制限のあるゲームのため途中でゲームを止めてルールチェックなんてしている暇がない。皆で集まって遊んでいるので余計にそういう雰囲気になる
初回プレイ後は次こそきちんと準備して挑んでやるぜって気持ちになっちゃってリピート性抜群でいろいろな勧誘とも相性がいいなと思えた

ただこのゲーム複数回繰り返すと最初に決める職業ごとの誤差はあるにしろ、ほとんど同じような手順でクリアするだけの作業げーになる予感しかしない
タイムアタック的な要素を含んではいるけど同じ卓につくプレイヤーの熟練度次第で結果が変わりすぎるのがネック
ゲーム単体ではなく共通の思想を持った人たちのためのコミュニケーションツールとして捉えると悪くはないといった所だろうか

次の集まりは7月某日の予定

--------------------

平日は無理だって言ってるのに週一以上の頻度で飲み会に誘われる
もちろん週末も誘われる

この前のボードゲームの会場の近くに知り合いが昔バイトしてた店がある
イベント好きの店長で地元のお祭りにもよく出展したりしてる人
夕方は普通に営業してるけど夜遅くなってくると常連が集まって楽しくワイワイすることがある
今度そのお店でBさん(ボードゲームイベントメンバーのNo.2ポジションの人)と飲む
一緒にどうですか~?

○日(平日)に△△でBBQやりますよー
20時からです。どうですかー?

来月の土日は予定パツパツな感じですか~?

週末の予定ってもう入っちゃってますか~?

もうここまで来たらゲイかマルチか人脈モンスターのうちのどれかだろ
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。