The Ocean Ox

気長にいこう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い知人からお誘いの連絡

この年になって胡散臭いセカンドビジネスとやらの誘いが有るだなんて驚いた
まずは会って話をしようってメールが来たから近所の喫茶店まで来てくれたら週末はいつでも会うよって返しておいた
今後どうなりたいか将来のビジョンは有るか。って高校卒業したばかりのフリーターとか意識高い大学生みたいなことが書いてあって笑った
お互いもうアラサーだろう

ビジネスというのはよくあるマルチ、ネットワークビジネスというものらしい
これ大学1年生くらいの時に誘われたことあるからわかるよ

簡単に言ってしまうと、ある会社の会員になって商品を購入する
その後友人知人を誘って会員になってもらう。友人知人はさらに別の人を会員に誘って~
と同じようなことを繰り返して色んな人に商品を買ってもらう

どうやって収入を得るかというと
・会員は二人の子会員(後から誘った友人知人)を持つことが出来る
・子会員はさらにそれぞれ二人の子会員を持つことが出来る
・つまり子会員、孫会員、曾孫会員と倍々にポジションが増えていく
・子会員以下の会員が商品を購入した場合、親会員は報奨金として子会員の購入費の10%を受け取れる
・孫会員が購入すれば子会員も親会員も、さらにその親会員も全員10%ずつ報奨金が貰える
・みんなで協力して仲間を増やしていけばみんなの儲けになる
・報奨金を受け取るには、受け取る会員自身が毎月商品をリピート購入している必要がある
それ以外にも細かな指定が有るけど、今回は割愛

やばいよこれは激アツ
仲間が出来て絆が深まるし女性会員なんかもいて出会いが増える
幅広い年齢層が所属しているから見識も広がるし人脈も出来る
なにより日々が充実して毎日が楽しくなること間違いなし

冗談はさておき軽く計算をしてみる
1番上の親を第1世代として、第4世代まで会員が埋まった場合の全会員数は15人
親1、子2、孫4、曾孫8
全員が10万円の製品を同時に購入したとして報奨金の計算をすると
第1世代(1人)14万円、第2世代(2人)6万円、第3世代(4人)2万円、第四世代(8人)報奨金無しとなる
4万円の儲けを出すためには14人の赤字が必要
自分も最初は赤字ポジションからスタートだけどツテを活用して14人契約すれば黒字化できる

毎週1人勧誘したとして14人そろうのは4ヶ月目
この時点で4回の支払いが経過しているから、仮に毎月10万円支払いとすると40万の支出
子会員も毎月支払をしてるから微量だけど報奨金を受け取れて、4ヶ月目の終わりになんとかプラマイゼロにもって行ける計算
黒字に転じるのは5ヶ月目から

4ヶ月の赤字を我慢してコンスタントに会員が増やせればいいけど
思うように勧誘がうまくいかなくて毎月のリピート購入どころか会員自体を早々に辞めてしまう人が一定の割合で存在する
そうなると黒字になるのに5ヶ月以上必要になるかもしれない

そうやってようやく黒字化したとすると収入は月数万円
大学生の場合は普通にアルバイトでもしていた方が儲かるわこれ
社会人の場合は週末全部潰して小遣い稼ぎかよ
ちなみ上手くいかなかった場合のリスクは数十万
株式投資の方が得な気がしてきた

---------------

さて、黒字化の話とは別に、もし仮に第12世代までの会員全てを埋めることが出来た場合を考えてみる
全会員数は4095人、全員が10万円の製品を購入すると売上4億950万円
報奨金の合計が4億962万円となり売上額とだいたい同じくらいになる
システムとして破綻してるから実際には上限額とか加算できる子会員の数とか決まってるけど面倒だから割愛して計算

そうすると第1世代が受け取る報奨金は4095万円
第2世代は2046万円、第3世代は1022万円
計算していくと第9世代が14万円、第10世代は6万円なのでここが損益分岐点
第10~12世代の人数は3584人。4095人のうちの3584人が赤字
全体でみると8人のうち7人は赤字になる計算

第27世代まで埋まった場合を考える
総会員数は1億3421万7727人。日本の人口よりちょっと多いくらい
1677万人が黒字で1億1744万人が赤字になる
やっぱり8人のうち7人くらいが赤字になる計算

---------------

脱サラしてこのビジネスで食べていく場合を考える
大卒初任給が20万円くらい
福利厚生が無くなるし保険なんかもあるので毎月30万円は稼ぎたい
リピート購入の費用もかかるから報奨金は毎月40万円必要
となると子会員は40人必要
7/8が赤字になるとすると35人が毎月赤字になる計算
辞める会員がいるから補充のために常に勧誘を続けなくてはならない
友人知人の数には限りがあるから、知人の知人、さらにそのまた知人なんかと話すことも増える
あと勧誘グループの打ち合わせとか勧誘戦略とか飲み会とかもあるのかな

って
これひょっとして営業職のサラリーマンが飛び込み営業やるのと同じくらいの大変さじゃね?
それなら気楽なサラリーマンの方がいいわ
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。