The Ocean Ox

気長にいこう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと思ったこと

学生時代の恋愛は友達期間を経由して恋人同士になることが多いと思う

別れた後も以前のようにとは行かないだろうけど、それなりの交流があると思う

学生以降の恋人というのは最初から恋人として接して友達というスパンを挟まないことが多いと思う

別れた後は全くといっていいほど交流が無くなる

携帯の番号変わったら二度と連絡取れないんじゃないかと思うほど

なにこれ未練?
スポンサーサイト

診断結果

身長-110で出てくる数値はモデル体型の体重と聞いた
(身長-100)×0.9で求めるのが標準体重と聞いた


健康診断の結果が出た
今年も異常なし
血液検査の項目があったら異常を出す自信があるのだが
うちの会社の保険組合は30歳未満は採血してくれないんだよね

身長は変わらず180を数ミリ下回る程度
サバを読んで180cmってことにしてる

体重は去年より2kg減で70kgを下回った
70kg以下なんて高校以来かもしれない
モデル体型だよ俺

父親と母親の身長の平均に10を足した値が息子の身長の目安
平均から10を引いた値が娘の身長の目安らしい
あとは生活習慣によって変わるらしい
うちの両親の平均は168くらい
10を足して178
兄と弟は175くらいで俺が180
兄は喫煙で、弟は睡眠不足で成長が止まってた
高校入ってから10cm伸びた俺の一人勝ち

視力は順調に低下
両目とも0.9
学生時代は1.2以上だったのだが
1日中パソコンに向かっていればそりゃ悪くなる
ちょっと離れた場所にある看板や時計を見るために目を凝らさないと見えなくなってきた
0.9でこの状態ってことは眼鏡が必要なレベルの人は普段どんな世界を見ているのだろうか

いつまでも20代前半の性能を維持したいものである

勘違いピエロ

男「正月に女の子から年賀状が来たんだ」
女「惚れた?」
男「話は最後まで聞いてくれ。その年賀状は今年だけじゃなくて、ここ数年毎年来るんだ」
女「きちんと返してる?」
男「当然。最初に貰った翌年からはきちんと正月に届くように出している」
女「私には送ってくれないのに」
男「欲しいのか」
女「いや要らない。面倒だし。それにしても年賀状のやり取りするなんて、今どき珍しいね」
男「毎年職場の上司や先輩に出すから、そのついでという感じだな俺の場合」
女「相手もそんな感じで出してんじゃない?たまたま1枚余ったから出してみて、返事が来たから翌年からは年賀状送るリストに入っただけとか」
男「余りの1枚だったとしても宛先に俺を選んでくれたのは嬉しいな。そしてその女の子からは毎年誕生日にメールが来るんだ」
女「おめでとうって?」
男「そう。だから俺も相手の誕生日にはおめでとうってメールを送ってる」
女「律儀だね」
男「そしてこの前」
女「まだ続くのかよ」
男「俺は自動車免許の更新をしたんだ」
女「更新おめでとうメールでもきた?」
男「なんだそのメールは意味不明だぞ」
女「更新オメデトー!!!!ってメールをね」
男「相手とは誕生日が近くてな、俺が免許を更新して1ヶ月くらい経った頃、その子も免許の更新だったようで」
女「無視ですか」
男「免許の更新ってどれくらい時間掛かる?ってメールが来たんだ」
女「べつにあんたじゃなくても他の身近な友達にでも聞けばいいのにね」
男「俺もそう思った」
女「そんなこと聞いてくるなんてあんたに気があるのかもね」
男「やっぱりそう?俺の勘違いじゃないよね?」
女「私はあんたのこと親しい友人だと思うけど、毎年年賀状出したり誕生日にメール送ったりしようと思わないもん」
男「だよな」
女「そもそも誕生日知らないし」
男「俺もお前の誕生日知らんわ」
女「来月だからプレゼントよろしく」
男「俺も来月だからよろしく」
女「嘘つくな。春に免許更新したばっかじゃないか」
男「バレたか」
女「あ、そうそう私の話も聞いてよ」
男「ん、なに?」
女「知り合いの男からね」
男「メール?年賀状?ラブコール?」
女「去年のクリスマス前だったかな、彼女が仕事で忙しくてクリスマスに会えない。居酒屋で働いているから正月やバレンタインといったイベントごとの日はことごとく会えない。ってメールが来たの」
男「そのメール送ったの俺だよな?」
女「これは彼女と会えなくて寂しいからお前が相手してくれないか。っていうことだよね。私にもついに春が来たのかな」
男「勘違いも甚だしいです」
女「でも私は気の無い相手にクリスマス暇なの。年末年始もひとりなの。なんてメールしないよ」
男「ただなんとなく愚痴りたかっただけだよきっと」
女「でね、メールくれた人は私に気があるんじゃないかって思っちゃったの」
男「そんな気は毛頭ないぞ」
女「そう…」
男「そう」
女「最初の話に戻るけど」
男「年賀状とか誕生日メールとか?」
女「そう。その相手も今のあんたと同じ感覚で年賀状やメールしてんじゃない?」
男「愚痴?」
女「愚痴じゃなくて、ただなんとなくってこと」
男「もしそうだとしたら俺はトンでもない勘違いピエロ野郎じゃないか」
女「そうだねこのピエロ野郎」

説教

説教された

職場じゃなくて私生活で

なにこのレア体験

すげぇ




だから昨夜から悩みっぱなしで気持ちがモヤモヤする

それとその場の反射でつい本心とは違うこと言っちゃったし
そのことについて弁解しようかどうしようかと


今日は仕事が手につかない

ダウン

波がきてる

今はちょうど並みの低くなってる部分

これから浮上するんだよ

でもこの波はなんだかちょっと

進むのが遅いのかな

もうしばらく底の方にいそうだよ








ひとり暮らしをするにあたり好きな人の家の近くがいいなと部屋をきめたけど好きな人はあまり自分をみてくれないからしばらくキープしていた年下の子と付き合うことに決めてみたけど年下くんは普通のサラリーマンだから居酒屋店員の私とは微妙に時間が合わなくて仕事で辛いことがあっても平日の夜は早く寝ちゃってるだろうから前に好きだった人に電話してみて別に浮気とかじゃなくて昔からの知りあいだから色々分かってくれるし頼りになるってだけで年下君にはあまり心配掛けたくないっていう私なりの気遣いもあるし



年下君がもしそのことを知ったらどう思うのかな
自分は頼りにされていないんだと落ち込むかもしれないね
その昔からの知合いの人には勝てないと思ってしまうかもしれないね



学生時代の部活の後輩がひどい引きこもりだから友達みんなで部屋から連れ出そうとこのまえ集まったんだけど本当に考え方が卑屈でちょっとブチ切れちゃって思わずひっぱたきそうになっちゃったけどすかさず周りに止められたよね
え?なんで月曜の昼間にそんなに集まれるかって?みんなフリーターだから平日の午前中は比較的暇な人が多くてねそれでみんな集まったのバカ学校の出っていうのもあるけど年齢が就職氷河期にかさなっちぇってるからまともな職についてる人がほんと少なくて普通の企業に勤めているサラリーマンと付き合ってるって言うとみんなどこで知り合ったのってすごく食いつきがよくてすぐにいつ結婚するのみたいに聞かれちゃってもう困っちゃう



あぁ、君の周りは男女問わず高卒のフリーターばかりなんだね
べつに差別するつもりはないけど自分の周りにはそういう人がいないからちょっと想像しにくくて
でも大変そうな世代だってことはわかったよ










なんか

だれかを泣かしてしまうと

自分を正当化するのに必死になる

最低だな俺





君の事は好きなんだけど
親や親戚に紹介することを想像するとちょっとね

君の事は好きなんだけど
今後一緒になることを考えると自分はまだまだ稼ぎが少ないから生活のことが心配なんだ

君の事はすきなんだけど
すぐに一緒にはなれないし先のことをかんがえると今のうちに別れた方がお互い傷も少なく済むし





僕のせいじゃない
周りの目があるから
本当は君と一緒に痛いんだ
でも世間体があるから
僕は悪くない






また昔すきだった人に電話するの?

これから何か辛いことがあったらその人に電話するの?

ほらやっぱり

今はもうあなただけって言ってたのに

心の底ではずっとその人が好きだったんでしょ







ほらやっぱり

泣かせちゃったけどそれがあの子のためだって自分を正当化しちゃってる

ずるいな俺

スーパー思い出補正

このままずっと過去の思い出にすがって生きていくしかないのかな




高校入ったあたりから周りは男しかいなかったから、男女の比率が同じくらいの普通科の高校のイメージがつかめない
ギャルゲとかアニメに出てくる学校は女子高に一人男が混ざったような表現だし参考にならない
同年代の男女がそれぞれ同じくらいの人数でどこかへ旅行とか一緒にカラオケとか想像できない
異性である事を意識しない異性の友人ってなに?
親しい女性の知りあいができても相手は普通科の出身で仲の良い男の友人が当たり前のようにいて
母校の学園祭に女性の知りあいを連れて行くと「ほんとに男しかいないんだね」って言われて
それまで自分が普通だと思っていた世界が実は異端であると宣告されたようなきがして
いつだって付き合う相手は本気で好きだし別れた後もずっと好き
でも相手は自分のことなんかほんの通過点程度にしか思っていないかもしれないと考えてしまって





将来のことを考えると不安になる
大人になったらどうなりたい?
将来はどうなりたい?
もう大人だけど、自分は普通になりたい
普通から逸脱した人生を歩んできたわけじゃ無いけど
人並みに普通の人生を歩みたい
自分は普通のサラリーマンで、奥さんが居て子供が居て
裕福でなくてもいい
日々の暮らしに不自由しない程度の普通の過程を築きたい





なにが言いたいのかわからない
こんらんしてぐるぐるする
好きの反対は無関心
好きかどうかわからないけど無関心ではないから少なくとも好きの反対ではないんだな



【“スーパー思い出補正”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。